特集記事

特集記事一覧

事務所休業

2020.3.27

第206回定期演奏会 開催中止のお知らせ

2020.3.1

平素より早稲田大学交響楽団の活動にご支援、ご協力を賜りまして誠にありがとうございます。この度、当楽団は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、2020年3月21日(土)に開催を予定しておりました「早稲田大学交響楽団 第206回定期演奏会」の中止を決定いたしました。

第206回定期演奏会の開催について

2020.2.27

当楽団演奏会にご来場を予定されている皆様 連日報道されている通り、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大しています。こうした状況を受け、2月25日(火)に早稲田大学より課外活動の制限に関する要請がありました。……

グスタフ・マーラー

2020.2.5

グスタフ・マーラーのその⽣涯を表す⾔葉として、「私は三重の意味で故郷がない⼈間だ。オーストリア⼈の間ではボヘミア⼈、ドイツ⼈の間ではオーストリア⼈、そして全世界の国⺠の間ではユダヤ⼈として」という⾔葉があります。 幼少期……

マーラー/交響曲第1番『巨人』

2020.1.27

概要 交響曲第1番ニ⻑調は、1884年から1888年にかけて作曲されたマーラーの最初の交響曲です。改訂魔のマーラーらしく数々の改訂が施され、最終稿に⾄るまで10年ほどかかっています。マーラーは主に歌曲と交響曲の分野で活躍……

R.シュトラウス/交響詩「ドン・ファン」

2020.1.16

交響詩『ドン・ファン』op.20は1888年に作曲されたR.シュトラウスの2作目の交響詩です。彼が24歳の時の出世作で、これを足がかりにさらに5作の交響詩を書き、やがてオペラの世界へと進むことになります。なお作品番号としては交響詩『マクベス』op.23より前なのですが、これはのちに彼が『マクベス』を改訂したためであり、作曲順としては『マクベス』が1番目、『ドン・ファン』が2番目となります。

ヨハン・シュトラウス2世「こうもり」

2019.12.21

概要 『こうもり』(独: Die Fledermaus) は、ヨハン・シュトラウス2世が1874年に作曲したオペレッタです。初演は同年、ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場で行われました。ちなみに同劇場での初演作品はベート……

公式HPリニューアル!

2019.12.2

この度、2020年3月21日(土)に行われる第206回定期演奏会の情報公開に伴い、当楽団の公式HPをリニューアルいたしました。 より多くの方々に当楽団のことをより分かりやすく、より魅力的に、そしてより便利に知っていただき……

お知らせ

2019.12.2

「特集記事」には当楽団からのお知らせが掲載されます。

曲目解説

2019.12.2

「特集記事」ページには当楽団が演奏する曲目に関する曲目解説が掲載されます! 掲載まで今しばらくお待ちください。